インドでポジティブに生きる。

インドのリアルな日常生活をブログで紹介しています。

インドの工事現場、いくら稼げる?

こんにちは、ジャックダニエル(@indiaJackdaniel)です!!

 

目次

 

 

 

どんな国でも

現地に住むと、いろいろな人に出会います。


皆様ご存知の通り

私はインドに住んでいます。


私の場合は

インドの大学進学率25パーセント前後の中から

選りすぐりの優秀なインド人と仕事をしています。


かと思えば

教育を受けていない人達とも関わる事があります。

 

インドに住んでいると

よく見かけるのが工事現場にいる作業員。

経済発展と共にたくさんの建物が作られています。

 

40℃を超える炎天下の中

男性、女性作業員が

長袖長ズボン、サリーを着て作業を行っています。

日本では見る事のない光景ですが

多くの現場には、作業員の子供らしき子が居ます。


今回、彼ら達がどのくらいお給料を頂いているのか

気になったので調べました。

 

本日は

インドの工事現場、いくら稼げる?

を紹介したいと思います!!

 

f:id:tptp3340:20180618014144j:plain

 

It’s Depends on the Skill Level and No of Days he is Working.

A Skilled Construction Worker will get

INR 500–600 per Day.

A Semi Skilled Will Get

400–500 Per Day

A Unskilled Will Get

300–400 Per Day

 

※2018年6月17日、1インドルピー =1.6255531 円

 

日給いくらか?

スキルレベルと経験年数によって違います。

熟練した建設労働者812-975円(INR500-600) /日。
セミ・スキル労働者650-812円(INR400-500)/日。
未熟な労働者487-650円(INR300-400)/日。

 

週休2日と仮定すると

1ヶ月、約2万2000円貰えませんね・・・。

年収約26.5万円以下です。

 

毎日朝から晩まで働いているので

受給に換算すると日本では恐ろしいですね・・。

 

工事現場のリスク

 

f:id:tptp3340:20180618024536j:plain

 

 

数百人の男性労働者と女性労働者が死亡したり、電撃されたり、瓦礫に埋もれたりする。

2013年から2016年にかけて計1,092人の死亡者と377人の労働者が負傷した。死亡の最も大きな理由は、60%が高さから落ちたことである。全労働者の4分の1が、壁や建物全体の崩壊により死亡した。感電のために15%が死亡した。

 

建設関係に素人の私が見ても

工事現場のリスクを感じます。

 

飾りだけの安全綱。

ヘルメットは支給されない。

セーフティーネットが設置されていない。

 

全てのモノを疑ってしまいます。

 

私がニュースを見る限りでは

少しずつ変わり続けているようです。

 

彼らの労働環境が少しずつでも

変わっていくことを強く願います。

 


インドランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ インド旅行へ
にほんブログ村