インドでポジティブに生きる。

インドのリアルな日常生活をブログで紹介しています。

【合法】インド、政府公認の大麻ラッシー(バングー)

バラナシのラッシー屋さんには、大麻ペーストを入りのラッシーが販売されています。
大麻ラッシーは、一般のラッシーの2~3倍する価格です。
大麻ラッシーは、バングラッシーと呼ばれています。

【合法】インド、政府公認の大麻ラッシー(バングー)

f:id:tptp3340:20180802195152j:plain
http://www.dqweek.com/take-bhang-and-drink-thandai-this-holi/

現代のインドでは一部の伝統的な使用法を除いては
大麻は違法薬物として扱われ、基本的に販売と製造は禁止されている。

一部の伝統的な使用法とは?

×チャラス(大麻樹脂)
×ガンジャ(乾燥大麻)
〇バングー(大麻入りのラッシー)

バングーをタンダイ(乳製品)に混ぜ込んだバング・ラッシーは
現代インドにおいて最もポピュラーで合法的な大麻製品である。

有名なホーリーのお祭り、シヴァのお祭り時には
たくさんのバングー(大麻入りのラッシー)が消費されます。

大ヒットした「Yeh Jawaani Hai Deewani」という
有名なボリウッド映画のシーンで
真面目な学生役のディーピカさんが
バングーを飲んでハイになっているシーンがあります。

Balam Pichkari Full Song Video Yeh Jawaani Hai Deewani | Ranbir Kapoor, Deepika Padukone

大麻大好きなシヴァ神。

現代のヒンドゥー教では最も影響力を持つ3柱の主神の中の1人であり
特にシヴァ派では最高神に位置付けられている。

シヴァ神は、大麻が好きで大麻の神様としても知られています。
そういった関係があり、ヒンドゥー教では、大麻は神聖なものととらえられています。

サドゥーという放浪する修行者がインド全域とネパール400万人から500万人います。
サドゥーはより深い瞑想を得るためにバングーを用いるそうです。

インド人はすごく信仰心が強いので、大麻を使用していても不思議じゃないなぁ。

政府公認のバングー屋さん(大麻ラッシー)がある。

州によってバングーの取り扱いのルールが違うそうなのですが
政府公認のバングー屋さん(大麻ラッシー)がバラナシ、ジャイサルメールにあるそうです。

バラナシの政府公認のバングー屋さんは
バングラッシーはゴウドリヤー交差点のツーリストポリス向かいの警察の真向かいにあるそうです。

バングーを試した日本人の感想がえげつない。

✅普通のよりちょっとだけストロングな奴飲んだけど、その後4時間バラナシをさまよいました。
素でどこ歩いてるか解らんくなって、空は暗くなってくるしでやばかった。
あと、いくら合法で無いと言っても、宿によっては飲んだのがバレるとマジギレされるよ。

✅飲んですぐは効きは薄いが、だんだん身体が暑くなり
音楽、周りの人の動きがスローモーションに見え
ニヤニヤが止まらなくなる。

バングーまとめ

f:id:tptp3340:20180802022523j:plain
私はバングーを試した事はないですが、
バングーを飲んだ後に、見るインドは輝いていて、何か魅了させるものがあるんだろうなと
ブログを書きながら考えていました。

バラナシでバングーを飲み、ガンジス川をみると輝いてみえ
ジャイサルメールでバングーを飲み、街並みを見ると黄金都市に見えたりするのかな。

私の知らないインドがありそうだなぁ。


にほんブログ村 旅行ブログ インド旅行へ
にほんブログ村


インドランキング