インドでポジティブに生きる。

インドのリアルな日常生活をブログで紹介しています。

インドのチップの相場を公開!チップが必要な時、必要じゃない時

こんにちは、ジャックダニエル(@indiaJackdaniel)です!!


インドには『チップ文化』があります。
実は、海外からの観光客がチップを渡すまで、チップ文化はありませんでした。

今では、海外からの観光客の影響で、チップ文化は強く根付いて
外国人だけではなく、インド人同士でもチップの支払いをする光景を目にするようになりました。

チップは、物事を円滑に進める上で非常に重要で
適切な金額を把握することで、お互いが気持ちよくやり取りを行う事が出来ます。

インドのチップの相場を公開!チップが必要な時、必要じゃない時


レストランでのチップ

₹300以下のレストランではチップは必要ありません。

インドのレストランでのチップの一般的に合計金額が
₹300から₹1000だった時は、7~10%のチップ
₹1000以上だった時は、5~7%のチップを支払いましょう。
計算がめんどくさい時は、10%分チップを支払いましょう。

『service charge』が含まれている場合、チップを支払う必要ありません。
既に料金に含まれています。

※レシートに『service tax』と記載されていますが
service taxは政府課税なので混同しないようにして下さい。

タクシードライバーへのチップ

基本的には、チップは必要ありません。
タクシードライバー自身もチップを期待していません。
気持ちのいい運転、サービスだったときに、気持ちでチップをあげるのはいいかもしれませんね。

ツアーガイト、ドライバー

インドでは、ツアー後にガイドやドライバーにチップをあげるのが慣習的です。
気持ちいい仕事、サービスだった時、1日あたり約200〜300ルピーのチップをあげてください。

バックを運んでくれた人へのチップ


http://www.catchnews.com/amp/national-news/indian-railway-will-charge-6-times-fine-if-you-carry-luggage-more-than-this-limit-from-8-june-read-here-116349.html
頼んだ、頼んでもない関わらず荷物を運んでくれた時は
1つのバックにつき、₹50支払いましょう。
最低でも₹20は支払いましょう。

支払わなくていいチップ。


上記に記載されている以上の
高額なチップを請求された時、支払う必要はありません。
そもそもチップとは、 サービスや芸などに対する慰労や感謝の気持ちとして与える少額の金の事です。

行きたくもないお土産屋、食べ物屋に連れていかれた時
インドのツアーガイドと、お土産、レストランは繋がっていてい
人を紹介し、購入、食事をするとツアーガイドさんにマージンが入るような仕組みになっています。
ツアーガイドさんは、よく美味しい店があるぞ!と言って、繋がっているレストランを紹介しています。

旅行中に多くの素晴らしいインド人に出会うと思います。
私の体感的に、観光地にいるインド人はお金に関してシビアです。
インドのチップの相場を知った上で、旅行の醍醐味である交渉を楽しみましょう!

インド旅行ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 旅行ブログ インド旅行へ
にほんブログ村


インドランキング
よろしくお願いします!