インドでポジティブに生きる。

インドのリアルな日常生活をブログで紹介しています。

インドで「ドラえもん放送禁止運動」が起こっていたらしい。

こんにちは、ジャックダニエル(@indiaJackdaniel)です!!

インドで「ドラえもん放送禁止運動」が起こっていたらしい。

f:id:tptp3340:20180923231136j:plain
実は、インドでドラえもんは国民的アニメなのです。
インドのAmazon Primeでヒンドゥー語を喋るドラえもんを観ることが出来ます。
インドの街中、スーパーでドラえもんを見かける機会はよくあります。


インドはドラえもん(1979年のアニメ)シリーズから始まるエピソードを吹き替えた。
ドラえもん(2005年のアニメ)シリーズの後半は、
2013年10月と11月に新ドラえもんとしてハンガムTVとディズニーチャンネルインドで放送を開始しました。

そんな国民的アニメドラえもんについて調べてみると
約2年前に放送禁止運動が広がっていたそうです。

インドで「ドラえもん放送禁止運動」が起こっていたらしい。

インドとパキスタンで、「子どもに悪影響を与える」という理由で
「ドラえもん」の放送禁止を呼びかける声が広がっていたそうです。

理由は、子どもに自分で問題を解決するのではなく、
他人に頼るという考え方を植え付けてしまうため。

例えば、ドラえもんの4次元ポケットから出される道具が
何でも問題を解決するというストーリー。

他に言語の問題。

バングラデシュ

バングラデシュでは、既に放送禁止になっています。
ドラえもんの人気が高すぎて、子どもたちがベンガル語ではなく
ヒンディー語で会話することが社会問題になっていたという。

パキスタン

パキスタンでも
敵対国のインドのヒンドゥー語で放送されることを念頭に置いて
放送禁止を検討したそうです。

ピカチューがインドで放送禁止になった。

インド人の子供が、ピカチューが空を飛べるのをみて
高層ビルから飛び降りる事件が起きたそうで、放送禁止になったそうです。

本当に、ピカチューが理由だったのだろうか・・?
そもそもピカチューってジャンプ力高いけど、空飛べたかな。

隣の韓国でも「クレヨンしんちゃん」

韓国のレポーターが『クレヨンしんちゃん』は
もともと20歳未満の子どもが見てはいけない漫画でした。

韓国は年上の人や親を敬う文化が強いので、
しんちゃんが親に悪い態度で接する点や、
下品な行動をとる点が、「不適切」と判断されたためだ。
www.okwave.com

他国の文化を受け入れるというのは
アニメであっても、大変なんだなと感じます。