インドでポジティブに生きる。

インドのリアルな日常生活をブログで紹介しています。

インド、屋台の飯が美味しいが、汚い衛生がヤバい

インド、屋台の飯が美味しいが、汚い衛生がヤバい


インド在住の日本人が、インドの屋台の飯を利用するのは、かなり少数です。
理由としては、屋台を見ていただけると分かりますが、汚い、衛生面がヤバいです。
インドの腹痛を引き起こす三大要因は「水」、「油」、「スパイス」です。
すべてを兼ね備えているのが、インドの屋台の飯になります。

インド、屋台の飯、衛生面ヤバい。

インド、屋台の飯、衛生面は悪いです。
油は、長い間使いまわしをしていると思います。鍋も油がこびりついて形が変形しています。
調理場を綺麗にしている様子は、屋台からは全く見受けられません。
腹痛を避けたい方は、ローカルの露店は避けましょう。(旅行者には、ぜひ試して欲しいです。)

インド、屋台の飯は美味しい。

冒頭部分で、インドの屋台の飯のマイナス部分を紹介しました
インド屋台の飯は、本当に美味しいです。大量の油を使って、かなり中毒性が高いです。
安価な価格で、お腹いっぱい食べる事が出来ます。

【屋台の飯】パオバジ(Pav Bhaji)

特に私が好きなインドの屋台の飯は、パオバジ(Pav Bhaji)という料理です。
パンで食べるカレーです、大量のバターを使用して、パンの表面をカリッと焼き
カレーにつけて食べるのは中毒性が高く、パンのおかわりが止まりません。

【屋台の飯】パーニープーリー(Pani-Puri)

パーニープーリーとは、インドの定番おやつとして有名な、小ぶりの揚げ菓子である。
お酒のつまみに合う一品です、サクサクの小ぶりの揚げ菓子に穴を空け、じゃがいも、豆(場所によって変わります)を入れ
スパイシーなスープを入れ、一口で口の中に放り込みます。これを、ビールのつまみとして食べると止まりません。

【屋台の飯】サモサ(samosa)

インド料理の軽食の1つです。具材には、ジャガイモ、タマネギ、エンドウ豆、レンズ豆や、
羊の挽き肉が加えられ、ゆでてつぶした具をクミンやコリアンダーシード、ターメリックなど各種の香辛料で味付けし、
小麦粉と食塩と水で作った薄い皮で三角形に包み、食用油でさっくりと揚げたもの。
 
インドで小腹が空いた時に、食べてしまいそうになるのがサモサです。
表面はさっくりしていて、中の具材はスパイスが効いていて、なんとも癖になる一品です。

インド、屋台の飯まとめ

インド旅行者には、是非インドの屋台の飯に挑戦して頂きたいです。
翌日、腹痛になると思いますが、長引く事はケースは少ないです。(私の場合、半日で治ります。)
今回、ご紹介させていただいもの以外にも(ジュース、デザート等)ございます。
ぜひ、色々挑戦して頂きたいです。

インド在住の日本人はインド料理食べれない人が多いです。
海外に行って、日本食を食べるのが楽しみな人が多いです(私も・・。笑)

にほんブログ村 旅行ブログ インド旅行へ
にほんブログ村


インドランキング