インドでポジティブに生きる。

インドのリアルな日常生活をブログで紹介しています。

インド国内でみられるゴミ問題

インド国内でみられるゴミ問題

f:id:tptp3340:20180608032222j:plain

路上にゴミをポイポイ捨て
朝、掃除を仕事としている人が、ポイ捨てされた
ゴミを集め、ゴミ捨て場に持っていったり、燃やしたりしています。


ゴミ収集サービス

インドの大都市では、一般に巨大なスラムや不法占拠者居住地区が形成 されている。
イン ドの大都市ではほぼ30%程度のスラム人口を抱えていることが分かる。
このほかにも例えば、デリーでは住民の約半数がスラム状態の生活者で、
かつ約5万人は路上生活者である。

ともかくこの膨大な数の人口に対しては、市の収集
サービスはあまり行き届いていないのが実状である。
比較的余裕のある者あるいは一部のコミュニテ ィー
等では、民間のごみ収集屋に有料でごみの収集を委
託しているが、大部分の住民は付近の空き地や適当な窪地にごみを投棄している。
https://www.jstage.jst.go.jp/article/proer1988/26/0/26_0_85/_pdf

スラムの道路の排水溝はゴミだらけです。
行政サービスが行き届いていないなというのは見れば、すぐにわかります。

インド国内で、プラスチック禁止の流れ

インド国内でも、プラスチック禁止の流れが進んでいます。
使い捨てプラスチック禁止の州法はインドの29州のうち少なくとも25州で制定されているが、厳格に執行している州ばかりではない。
金融中心地ムンバイなどの大都市があるインド第2の州マハラシュトラ州(人口1億人以上)で、使い捨てプラスチックの使用を禁止する州法が施行され、マクドナルドやスターバックスなどのファストフードチェーン大手が相次いで罰金を命じられている。
引用:https://www.cnn.co.jp/business/35121438.html

インドでは、紙製ストローを使用する機会があるのですが、プラスチック製ストローの方が断然良いです
紙製ストローは、飲み始めは問題ないのですが、飲み終わりにはストローふやけてるんですよね。
利便性が高いプラスチックですが、環境の為には減らしていく必要がありますね。

プラスチックの利用は目に余る環境問題を生み出し,
また目に見えない健康問題を引き起こしていると考える研究者もいます。
プラスチックが自然環境に廃棄されてしまうと,極めて長い年月にわたって環境中に残存し,生態系に深刻な影響を与えることが危惧されています。
https://marineplastic.net/marinedebris/whatsplastic

ゴミ捨て場付近には牛が多く
プラステックを誤って食べてしまい死亡するケースもあるそうです。

まとめると

大きな人口を抱えていて、これからも人口が増え続けるインドでは
ゴミ問題に向き合っていく必要があり、既にインドの各都市の近くには、ゴミで出来た山をみかけます。