インドでポジティブに生きる。

インドのリアルタイムな日常紹介中!

インド、人気なインスタント麺2つをご紹介!

世界的に有名な日本発の日清カップヌードル
インド国内で一番売れているカップヌードルです。
インドの方からスープの身近な味と豊かさを高く評価されています。

インドで販売されている日清カップヌードルは
ローカライズ化されていて、日本国内で販売されている
日清カップヌードルとは味が違いますが、美味しい事には変わりはありません。

人気商品の日清シーフードヌードルが
インド国内で販売されていたので、挑戦してみました。

f:id:tptp3340:20190130002942j:plain
https://www.amazon.in/Nissin-Cup-Noodles-Seafood-Pack/dp/B076J8SCPM

日本とインドのシーフードヌードル違いは?

日本の日清シーフードヌードルの方が、日本人の私好みです。
インドの日清シーフードヌードルは、海鮮のコク、旨味が日本と比べて弱いです。

インドの日清シーフードヌードルにも海鮮のコク、旨味がありますが
日本人の私的には、もう一歩コク、旨味不足です。

シーフードを食べる習慣が少ないインド人を考慮しているのかなと思います。

インド国内で人気のマギー

マギーの元となった企業は、1872年にスイスでジュリアス・マギー(英語版)が、彼の父親の工場を引き継いだときに誕生した。
彼はすぐに食品生産業のパイオニアとなり、労働者の家族の栄養摂取量を増加させることを意図した。マギーは当初、タンパク質の豊富な豆系の食品として販売されたが、次いで1886年にはこれをベースにした即席スープが登場した。1897年には、スイス国境付近のドイツの町ジンゲン(英語版)にて、Maggi GmbH社が設立された。
1947年、オーナーや組織の何度かの変遷の末に、マギーはNestlé-Alimentana S.A.(後のネスレ)の持株会社へと統合された。
今日では、マギーは全世界で展開するドライスープ、調味だれ、それにインスタントヌードルのブランドとなっている。
マギー (食品) - Wikipedia

インド、マレーシアで人気のマギーインスタントラーメンです。
インドにおいては60%以上のシェア率があるそうで、インドでは第一のインスタントラーメンになります。

マギーは、スイスの会社です。
マギーは、カレー味のインスタントラーメンで、麺が柔らかいのが印象的です。

マギーも国ごとにローカライズ化し、販売しています。

インド、人気なインスタント麺2つをご紹介!、まとめ


日清カップヌードルインド版には、シーフード味のカップヌードルだけではなく
カレー味のカップヌードル、マサラカレー味のカップヌードル(香辛料を粉状に混ぜわした物)
その他にも4種類以上ございます。

是非、インド旅行、出張に行く用事があれば
日清カップヌードルインド版、マギーをトライしてみてください。