インドでポジティブに生きる。

インドのリアルタイムな日常紹介中!

インドのチーズ「パニール」オススメ

パニールとは、インド、パキスタン、アフガニスタン、イランなどの地域で一般的に使われるチーズのこと。

ベジタリアンが多いインドでは、
プロテインを取る為に、パニールを食べるインド人が多いです

パニールは、日本の豆腐に似ていますが
食感は日本の豆腐より固めで、味は、ほんのりミルクの味がする豆腐です。

f:id:tptp3340:20190108110134j:plain
http://maunikagowardhan.co.uk/cook-in-a-curry/matar-paneer/

パニール、プロテイン量が多い

200gのパニールを購入しました。
なんと、100gあたり18.3gのプロテインが入っています。
合計で、36.6gのプロテインを摂る事が可能です。

炭水化物は少なく、100gあたり1.2gです。
脂質が100gあたり20.8gと少し多めです。

パニール作り方

水牛の乳や牛乳を温め、レモンまたはライムの汁、
酢など酸性の液体でタンパク質および脂肪分を凝固させて乳清から分離したカッテージチーズをインドなど南アジア諸国ではチェナーと呼び、
それを押し固めたものがパニールである。外見は豆腐に似ている。 チェナーはパニールにするほか、
練って菓子(ラスグッラー(英語版)など)などにも用いる。

パニール食べ方

表面をきつね色になるまでパリッとさせるのがオススメです。
カレーのメインとして入れるのもオススメですよ。

パニールカレーは、インド国内でも大変人気です。
日本国内のインドカレー屋さんで食べれると思います、ぜひトライしてください。

インド国内でも販売されているレトルトカレー

インド国内のスーパーマーケットで販売されているレトルトカレーです。
日本のレトルトカレーと一緒で、温めて数分で食べる事が可能です。

https://hbb.afl.rakuten.co.jp/hgb/17a30950.8b98e18b.17a30951.c302444a/?me_id=1221616&item_id=10005435&m=https%3A%2F%2Fthumbnail.image.rakuten.co.jp%2F%400_mall%2Fkitchen-garden%2Fcabinet%2F03027577%2Fimg63733635.jpg%3F_ex%3D80x80&pc=https%3A%2F%2Fthumbnail.image.rakuten.co.jp%2F%400_mall%2Fkitchen-garden%2Fcabinet%2F03027577%2Fimg63733635.jpg%3F_ex%3D300x300&s=300x300&t=picttext
hb.afl.rakuten.co.jp

こちらは、パニールバターマサラです。
ナンと一緒に食べるのもいいですが、日本米と一緒に食べるのが美味しい!

こちらのレトルトカレー量が300gと多いですが
ペロリとご飯と一緒に食べれてしまいます。

インドのチーズ「パニール」オススメ、まとめ

日本ではなかなか見かけないかもしれませんが(しばらく日本にいないからわからない笑)
パニールの作り方もWebサイトに載っているので参考にしてみてください。