インドでポジティブに生きる。

インドのリアルな日常生活をブログで紹介しています。

インド人から聞いた、州ごとのインド人の特徴

インド人から聞いた、州ごとのインド人性格の特徴

f:id:tptp3340:20180922224659j:plain

Googleで『インド人 特徴』を調べると基本的には
日本人が旅行先でよく会う、外国人に慣れた人の印象が書かれている気がします。
インド人は、一概にまとめることはできません。

今回、インド人からの情報と私のインド在住歴を元にし
州ごとのインド人性格の特徴を紹介いたします。


【インド人性格特徴】グジャラート州

f:id:tptp3340:20180905004236j:plain
グジャラート人は親切な人が多く、人助けな人が多いです。
インドの中でも特に商売上手な人が多いと言われています。
ナレンドラ・モディ首相は、グジャラート出身です。
モディ政権発足以来、外交回数がとても増えたと言われています。

そして、商売人のグジャラート州から大きな企業が生まれることも多いです。
ABG Shipyard.
Adani Power.
Ajanta Group.
Amul.
Anyonya Co-operative Bank.

【インド人性格特徴】ハリヤナ州(デリー)

f:id:tptp3340:20180922225526j:plain
インドの首都デリーは、行政機関が集まる政治的な街
そして、インド全土から人が集まります。

一般的には、デリーに住んでいるインド人は
外国人慣れしていて少し冷たく感じることがあります。

他の都市と比べて、怒りっぽいです。
街の中で喧嘩している光景を見かける事があるでしょう。

行政機関が集まる街なこともあり
政治的な人が多いと言われています。

【インド人性格特徴】ウッタル・プラデーシュ州

f:id:tptp3340:20180922225551j:plain
日本人にも有名なTaj Mahal、ガンジス川がある州になります。
人口も多く、犯罪率がインドの中で上位です。
観光客が犯罪に巻き込まれるのは
北インドの事が多いです。

様々な分野で議論が上手いそうです。
保守的な人が多い土地だそうです。
(情報収集は、テレビ、ニュースではなく新聞が多い)
衣服のセンスも他の州の人とかなり違う。

【インド人性格特徴】マハーラーシュトラ州-プネ

f:id:tptp3340:20180922225614j:plain
同州でムンバイに続き、二番目に大きな都市。
温かく歓迎してくれる人が多いそうです。

英領時代から「東のオックスフォード」「インドのオックスフォード」として
知られる教育・研究の中心地で、インドで最も多くの研究機関が存在する。

インド国内で日本語能力試験(JLPT)を一番受けている都市だそうです。
基本的に親日なインド人ですが、プネーではもっと好意的かもしれませんね。

【インド人性格特徴】マハーラーシュトラ州-ムンバイ

f:id:tptp3340:20180922225639j:plain
金融都市ムンバイ、ボリウッド映画産業の中心地としても有名です。
ムンバイの人は、お金が好きなイメージで間違いないと思います。
服装も男女とも派手で、金のネックレス、露出している人が他の都市と比べて多いなと感じます。
他の都市より西欧化しています。

【インド人性格特徴】カルナタカ

f:id:tptp3340:20180825144708j:plain
南インド、最大都市、インドのシリコンバレーバンガロールがあります。
北インドの都市と比べた時、街がキレイだなと感じました。

人懐っこい性格で、北インド人と比べて商売っ気が少ないです。
インド旅行者は、インドの印象をひとまとめに語りがちですが
南インドは、北インドと違った印象をもつと思いますよ。

【インド人性格特徴】西ベンガル州

f:id:tptp3340:20180922225745j:plain
ベンガル人はバングラデシュとインド西ベンガル州中心に住んでいます。
ベンガル民族は様々な人種(ドラビタ、インド=アーリア系やモンゴロイドなど)が
長い歴史の中で混血されて形成された集団であり、特定の人種的(血脈)な傾向はなく、
あえて言えば人種的な特徴のないことが特徴といえる。

顔立ちも欧米風から日本人風の顔をした人まで様々です。
引用:http://thirdculture.com/jpa/jcc/jyousetu/ethnicity/bengali.htm

【インド人性格特徴】まとめ

南インド人と北インド人を比べた時、お互い良し悪しありますが
南インド人が日本人によく似ていると言われています。

インド人の特徴を書かせていただきましたが
おいおい!そんな性格じゃなかったよ!という声があるかもしれません
そんな時は、コメントにメッセージを残してください。

皆さまの意見を取り入れつつリライトしていきたいと思います。