インドでポジティブに生きる。

インドのリアルな日常生活をブログで紹介しています。

インド人とパキスタン人が実際に会ってみると?

f:id:tptp3340:20181004020743j:plain

Google「インド パキスタン」について検索すると
ネガティブな検索結果が表示されます。
「インド パキスタン 仲悪い」「インド パキスタン 対立」


印パ戦争(いんパせんそう)は、
インドとパキスタンの間で行なわれた戦争のこと。第一次(1947年)、第二次(1965年)、第三次(1971年)と、
両国間ではこれまでに3度の戦争が行われている。第一次と第二次はカシミール紛争の過程で、第三次はバングラデシュの独立に際して勃発した。
インド・パキスタン戦争とも表記する。

現在でも、インド パキスタンはカシミールの領土権の争いで
衝突が発生し、20名以上が亡くなっています。

インド国内で、パキスタンに対して嫌悪感を抱く人が少なくないです。

インド人とパキスタン人が実際に会ってみると?

実は、少し前にドバイに行ってきました。
www.indiajackdaniel.com

ドバイの人口は、210万9,274人である。
移住人口のおよそ85%(首長国全体では71%)は、インド人、パキスタン人、フィリピン人、バングラデシュ人、スリランカ人などのアジア人である。

パキスタン人、ドバイに7年在住のタクシードライバーに聞いたことがあります。
What do you think about Indian people?(インド人についてどう思いますか?)

イギリス風アクセントで
”インド人は良い人達だ。俺たちは同じテーブル一緒にご飯食べている。
非は俺達、パキスタン側にあるんだ。
”と言っていたことがすごく印象的でした。

海外に住んでいるパキスタン人なので
一般的な意見かどうかはわかりませんが
全くもってインドに悪い印象を持っている感じはしませんでした。

インド人とパキスタン人が実際に会ってみると
仲良く、同じテーブルで食事をする。

インド、パキスタンに関する映画が・・

インド映画世界興行収入歴代第3位を誇る『バジュランギおじさんと、小さな迷子』が2019年1月18日より公開される。
このほど、本作のポスタービジュアルがお披露目となった。

本作は、お人好しなインド人の青年と、声を出せないパキスタンからの迷子の少女の二人旅を描く。
インドでは2015年の興行収入第2位となり、国内映画賞では30近くもの賞を獲得、全世界でも150億円に迫る大ヒットを記録した。
公開から3年を経た現在も、インド映画として『ダンガル きっと、つよくなる』『バーフバリ 王の凱旋』に次ぐ世界興行成績歴代第3位をキープしている。

インド人の青年とパキスタンからの迷子の少女の二人旅『バジュランギおじさんと、小さな迷子』ポスタービジュアル | 映画がもっと面白くなる映画情報サイト「ムビッチ」

まとめる

暴れているのはどの国でも一部の人だけです。
インドとパキスタンに関しては、元々同じ国だったわけです。

これからインド、パキスタンいい関係になっていけばいいなと思っております。