インドでポジティブに生きる。

インドのリアルな日常生活をブログで紹介しています。

インド QRコード決済Paytm(ペイティーエム)は使いやすいの?

インド QRコード決済Paytm(ペイティーエム)は使いやすいの?

f:id:tptp3340:20181120015856j:plain
2016年、突然高額紙幣が廃止された頃から
QRコード決済Paytm(ペイティーエム)が、インド国内、一気に普及し始めました。

ローカルの小売店から高級モールにもQRコードが置かれています。
Paytmの使い方はとてもシンプルです。
Paytmのアプリを開き、バーコードを読み込み、金額を入力するだけです。

私は、Paytmはとても使いやすいと思います。

QRコード決済「Paytm」普及して変わった事。

ユーザー側として、一番大きな変化はお会計の際のストレスが減った事です。

インドでは、お会計に時間がかかっていました。
そもそもレジのキャッシャーの動きが遅いという理由もありますが(笑)
レジに細かいお金がない事があり、お金が無ければ
隣のレジから足りない分を取りに行くという作業が生まれ、お会計に時間が掛かっていました。

QRコード決済「Paytm」普及すると、隣のレジからお金を取りに行く作業が無くなりました。
これが、私の体感的に変わったと思った部分です。

実は、Paytmは決済サービスだけではない。


PaytmはQRコード決済サービスが目立っていますが
QRコード決済サービスだけではありません。

Amazonや楽天みたいな
インターネット・ショッピングモールとしても利用可能です。

他にも、水道代、電気代もPAYTMで支払う事が可能です。
面白いのが、ゴールドが買えたり、保険に加入する事も可能です。

Paytmに助けられた話

f:id:tptp3340:20180903030420j:plain
インド国内旅行に行った時に、Paytmに助けられた話です。
財布を持ってくるのを忘れてしまい、残金0ルピーでバラナシに着きました。

フライトの前に、財布が無い事には気付いていたのですが
ATMからカード無しで現金を降ろせるとネットに書かれていたので
あまり気にせずにバラナシに向かいました。

ATMに着き、ネットに書かれている方法で降ろそうとしましたが、結局降ろせませんでした(笑)
せっかくバラナシに旅行に来たのに、何も出来ない。。と落ち込んでいたところ
ゲストハウスのお兄さんが、Paytmで必要な分送金してくれれば、その分現金を渡すと言ってくれました。
送金し、現金が手に入り・・Paytmの機能に助けられました。(ゲストハウスのお兄さんに助けれたが正しい?笑)

Paytm(ペイティーエム)使い方はシンプル

店内にある、バーコードを読込、金額を入力するだけの
ユーザーフレンドリーな機能になっています。

新しいものに苦手意識がある方でも、簡単に使う方が可能です。

Paytm(ペイティーエム)は日本でも大活躍

日本のスマホ決済サービス「PayPay」は、
ソフトバンクとヤフーの合同会社であり、技術提供は「Paytm」が行なっている。

インド QRコード決済Paytm(ペイティーエム)まとめ

インド QRコード決済Paytm(ペイティーエム)について記事にして
振り返ってみると、Paytm(ペイティーエム)が普及し、大きな変化があったんだなと感じます。

レジでの時間が急激に減ったり、財布無しで外に出かける事も可能になりました。
今回、キャッシュレスについて思ったのが、日本で現金使っていてもストレス無いですよね・・(笑)