インドでポジティブに生きる。

インドのリアルタイムな日常紹介中!

【インド在住3年目】インド、ゴキブリって多いの?

「インドに出向が決まったの方」
「インド現地で生活してみようと思っている方」
「インドのゴキブリ事情が気になる方笑」向けの記事になっています。

インド、ゴキブリは少し多め

日本で生活している時よりも、ゴキブリに出会う頻度は少し多いです。
インドで生活している日本人の方も同じ感覚を持っています。

ですが、日本のゴキブリと比べると大変小さく
ゴキブリ対策を行えば、ゴキブリに出会う頻度はかなり下がります。

インド生活で、ゴキブリで悩む方はかなり少数派だと思います。

インド、ゴキブリ対策

ゴキブリ対策としては、日本と同じ方法でいいです。

ゴキブリが出る場所、穴、すき間に殺虫剤スプレーを噴射します。
翌日になったら、死んだゴキブリを数匹が出てきます。

ゴキブリを見かける頻度はかなり下がりますよ

【おまけ】インド、ゴキブリに関わる話1

(CNN) インド・チェンナイの病院は9日までに、
女性の頭部に入り込んだゴキブリを生きたまま頭蓋骨(ずがいこつ)の間から取り出す処置を行ったことを明らかにした。
その瞬間の映像も公開している。患者はチェンナイの郊外に住む42歳の女性。

真夜中に突然、頭痛がして目が覚めた。ムズムズするような感覚は普通ではなかった。
スタンリー医科大学病院を受診した女性はひどい頭痛を訴え、呼吸困難の症状もあった。
医師が内視鏡検査を行ったところ、何らかの生き物の足を発見したという。

同大学耳鼻咽喉科のM・N・シャンカー教授は、「最初はそれが何なのか分からなかった」
「ハチなのか、それとも別の昆虫なのか分からなかった」と振り返る。

医師団は吸引装置と鉗子を使って女性の頭蓋骨から慎重にその物体を引っ張り出す処置を実施。
45分ほどかけて取り出したのは、体長約2.5センチの生きたゴキブリだった。女性の呼吸困難の症状はすぐに収まった。

体内にゴキブリが侵入する事は、意外とあるそうですよ。
衛生的じゃない場所に住んでいる方は気を付けないと体内に侵入しますよ笑

【おまけ】インド、ゴキブリに関わる話2

インドで注目されている「ゴキブリミルク」

母親の胎内の胚(はい)がゴキブリミルクの栄養で成長し、幼虫に育つだけあって、
一般的な乳牛のミルクや、最も高カロリーのタンパク質を含むことで知られるバッファロー(水牛)の
ミルクの3倍ものエネルギーを持っているという。
このゴキブリミルクについて、研究チームのメンバーのひとりはインドの日刊英字紙タイムズ・オブ・インディアの取材に「(ゴキブリミルクの)結晶は完全な食物のようなもので、タンパク質、脂肪、糖を含んでいます。タンパク質の配列を調べると、必須アミノ酸の全てを含んでいました」と驚きをもって話した。

栄養価が高くても、感覚的に厳しいですね(笑)
1000匹から100グラムしか抽出できないほど、貴重だそうです。

【インド在住3年目】インド、ゴキブリって多いの?まとめ

日本で生活していた時よりもゴキブリ見かける頻度は増えます。
が、ゴキブリは小さく、対策を行えば見かける頻度はぐっと下がります。

インドでゴキブリの心配は無用です。気兼ねなく渡印してください