インドでポジティブに生きる。

インドのリアルな日常生活をブログで紹介しています。

インドカレー屋で働く人、9割インド人じゃない。

こんにちは、ジャックダニエル(@indiaJackdaniel)です!!

 

目次

 

今日の晩飯は寿司をデリバリーして食べましたよ。

インド人からの評判は結構良いのですが

寿司に厳しい私からしたら

「これは、寿司じゃないΣ(・□・;)」

と思うものでした笑

 

インドでめちゃくちゃ上手い寿司を探してやる!!! 

 

さてさて本日は

インドカレー屋で働く人、9割インド人じゃない。

を紹介したいと思います。

 

f:id:tptp3340:20180620034428j:image

 

 

 

実は、日本にあるほとんどのインドカレー屋は

インド人が作っているカレーではありません。

 

日本にあるインドカレー屋は

実務経験が10年以上あるネパール人が働いています。

 

なんでネパール人なの?

 

日本では、飲食の実務経験が

10年以上あると就労ビザが支給されます。

 

 そのためインドの本場のインドカレー屋で修行後

日本のお店で働いたり、自分の店を開いたりします。

 

実は、ネパール人はインドに

ビザ無しで入国する事ができる

かつ、インドで働くのに

ワークパーミッションが必要ないそうです。

 

 

 

ちなみに多くのネパール人が

インドに出稼ぎに来ていて

飲食店以外にも門番としても働いています。

 

インド人じゃない理由は?

 

ネットの情報ですが

 

これには

ヒンドゥー教のカーストという身分制度が関わってきます。

 

インドでのパスポート発行は

上位のみ発行認がめられているため、

下位の身分の人は

パスポートが発行されないそうです。

 

 

インドの友達に聞くと

未だにカースト制度はインドに根付いてると言っています。

カーストの話をするのは避けたがります*1

 

本場のカレーと比べてどう違う?

f:id:tptp3340:20180620034435j:image

本場と日本のインドカレー屋さんは

味が少し違うと思います。

 

日本のインドカレー屋さんは

日本人用の味付けになってますね。

 

2つの大きな違い

 

1つ目、インド人はナンを食べません。

 

ロティ(全粒粉を使った無発酵パンの一種)

チャパティ(全粒粉と水を捏ねて生地を作り、発酵させずに薄い円形にのばして焼いたものである)

 

上記の2つをナンの代わりに食べます。

 

2つ目、スパイスが違う。

 

本場インドカレー屋のスパイスは

かなり刺激が強く、お腹が緩くなりやすいです。

慣れない人はどれだけ長く住んでいても

カレー食べた翌日はお腹緩くなります。

 

日本のインドカレー屋さんは

日本人用に刺激の強いスパイスは控えて作っています。

 

なんだかんだ言っても結局さぁ・・

 

結局、本場も、日本のインドカレー屋も

めっちゃ美味しくて、大好きやで!

 

 

 


インドランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ インド旅行へ
にほんブログ村

 

*1:+_+