インドでポジティブに生きる。

インドのリアルな日常生活をブログで紹介しています。

インド、『一番暑い時期』5月、6月

こんにちは、ジャックダニエル(@indiaJackdaniel)です!!

 

インド人は、日が沈み始めると活動を始めます。

インド国内の日中は暑いので、多くの人は外出を控えます。

 

インドデリー、5月、6月が、一番暑い時期です。

*5月、6月はインド旅行は避けた方がいいですよ。

f:id:tptp3340:20181014010856j:image

インドデリーの5月、6月の気温は、

40℃を軽々超え、とても暑いですが、

日陰は40℃の割に涼しいです。

 

日が沈み始めてから、行動する理由も納得出来ますよね。

 

インド人の夜の活動時間は長く

その分、朝の活動時間が短くなります。

 

例えば、インドの会社は

就業開始時間が朝10時からだったり

カフェ、レストラン

営業開始時間が、朝11時からと遅い場所が多く

レストランは夜10時頃が一番賑わっています。

 

インド国内観測史上最高51℃

f:id:tptp3340:20181014010922j:image

熱波に見舞われているインドで19日、気温が国内観測史上最高となる51度を記録した。気象当局が20日に発表した。

 

インド北部では5月と6月が年間で最も暑く、気温が40度を超える日も珍しくないが、50度超えはまれ。気象当局では週末にかけてインド全土で「厳しい熱波」が続くとして、警戒を呼び掛けている。

http://www.afpbb.com/articles/-/3087745?act=all&pid=17896035

 

数字だけ見ると恐ろしい気温ですけど・・。

 

47℃を経験した事がありますが

カラッとした暑さで思っていたより、暑くなかったです。

 

今年2018年、訪日したインド人曰く、

日本の夏は恐ろしく暑く、インドより暑いそうです。

 

2015年には2020人以上の人が死亡。

f:id:tptp3340:20181014011048j:image

インドでは先月21日以降、北部の首都ニューデリーや中部のテランガーナ州ハイデラバードなどで最高気温が42℃~45℃に達し、この熱波の影響で中部を中心に2200人以上が死亡したとインド災害管理局が伝えた。

https://sp.hazardlab.jp/know/topics/detail/1/0/10056.html?id=ml

 

インドの蚊、5月、6月に姿を消す。

 

蚊といえば、日本の夏の代名詞ですが

インド国内では、真夏(5月、6月)になると

蚊が姿を消します。

 

暑過ぎて、生きれないそうですよ。

インド、冬(10月〜2月)くらいに

蚊が姿を表します。

 

インドでは、蚊といえば

冬に姿を表すという感覚です。

 

まとめる

 

インド、『一番暑い時期』5月、6月は

雨は降らないものの、暑いので旅行を控えた方がいいと思います。

 

インドらしさを感じには

一番暑い時期の、インド旅行もいいかもしれませんね。(水分補給には気をつけましょう。)

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ インド旅行へ
にほんブログ村

 


インドランキング