インドでポジティブに生きる。

インドのリアルタイムな日常紹介中!

インド人は何の人種、白人?

インドは、人種のるつぼと呼ばれていて
さまざまなバックグラウンドを持った方が生活されています。
白人っぽいインド人、肌が褐色なインド人
日本人に似た顔をしたインド人、アフリカ系のインド人がいます。
今回は、2タイプのインド人を紹介いたします。

白人っぽいインド人

f:id:tptp3340:20180725002026j:plain
インドアーリア人と呼ばれていて
北インドに、インドアーリア人は多いと言われています。
西インドにもインドアーリア人は多いですよ。

肌の色が比較的白く、高身長で、鼻立ちの良いインド人です。
ボリウッド男優、女優をイメージして頂くと分かりやすいと思います。
www.indiajackdaniel.com

インドアーリア人は西暦1800年から1600年にかけてイラン人から分離され、
その後、インドアーリア人はアナトリアと
南アジア(現代アフガニスタン、バングラデシュ、インド、パキスタン、ネパール)の北部に移住し、
イラン人はイランに移住した 両方ともインド・イランの言語を持ってきた。

アーリア人は、狩猟と牧畜によって生計を立てていた関係か
北インドのインド人は、商売っ気が強いです。

褐色系のインド人

f:id:tptp3340:20181023192420j:plain
ドラヴィダ人と呼ばれていて
南インドに、ドラヴィダ人は多いと言われています。

肌の色が黒く、身長は160~165センチ程で、目がぱっちりしているインド人です。

ドラヴィダ人(ドラヴィダじん、Dravidian)は、古代からインドに定住していたと考えられるコーカソイドの民族群の総称。

ドラヴィダ人農耕と牧畜で生計を立てていた関係か
穏やかな性格で、日本人に似ているともいわれています。
インド以外にも、シンガポール、マレーシアにもドラヴィダのバックグラウンドを持った方がいます。

日本人に似ているインド人についての記事です。
www.indiajackdaniel.com

アフリカ系インド人についての記事です。
www.indiajackdaniel.com

カースト制度を作り出したのは、アーリア人(白人っぽい)

紀元前1300年頃から、アーリア人は一部地域の一部のドラヴィダ人を支配し、
階級制度のカースト制を作り出し、アーリア人は司祭階級のブラフミンと、王族・貴族のクシャトリア、
一般市民のヴァイシャを独占し、ドラヴィタ系の民族は奴隷階級のシュードラに封じ込められたとされていた。

北インド人、南インド人と両者と関わる事がありますが
南インド人は、ヒンドゥー語理解出来るし、喋れるにも関わらず
ヒンドゥー語を喋るのを極端に嫌がり、英語での会話を好みます。

理由としては、ヒンドゥー語は、北インド人で母語として喋られています。
南インド人は、北インド人に対して少し嫌悪感を持っています。

南インド人に「なぜ、ヒンドゥー語を喋りたくないのですか?」と質問すると
私達の文化を守りたいというのと、ヒンドゥー語を喋る理由がないと言っていました。

ヒンドゥー語を喋りたくないという理由で、仕事を辞めてしまう南インド人も少なくないです。

まとめる

インドは、アメリカと対等と呼べるほど、”人種のるつぼ”です。
ご紹介出来ませんでしたが、北インドにはチベット系インド人が住んでいます。

インドを理解しようとすればするほど
知らないことを知り、インドへの理解は遠ざかっていきます。

にほんブログ村 旅行ブログ インド旅行へ
にほんブログ村


インドランキング