インドでポジティブに生きる。

インドのリアルな日常生活をブログで紹介しています。

インドの三輪車、オートリキシャ交渉術

こんにちは、ジャックダニエル(@indiaJackdaniel)です!!

インドの三輪車、オートリキシャ(rickshaw)はインド旅にはつきものです。
タイの人気の三輪車「トックトック」とほぼ一緒です。

インドのオートリキシャのドライバーは、高額金額を請求してきます。
高額金額請求させない為の交渉術を紹介したいと思っています。
相場の運賃で、もしくは相場に近い運賃で利用することが出来ます。

交渉は、インド旅の醍醐味でもあります。
インドで交渉を覚えれば、タイでも通用しますよ。


f:id:tptp3340:20181007031556j:plain
インド人と一緒にオートリキシャを利用した事が何度かあります。
乗車前、後に交渉を行います(笑)

インド人から学んだ交渉術
2年のインド在住歴を生かして紹介いたします。

オートリキシャ目安運賃

初乗り2km:Rs 25(追加料金:1km毎にRs. 8)
深夜料金:運賃の25%(11:00 PM to 5:00 AM)
待ち料金:1時間あたりRs 30/
荷物:追加の手荷物Rs. 7.50/(ショッピングバック、小さいスーツケースは請求されない)

Auto-Rickshaw
Rs 25/- for first fall of 2 Kilometer (upon downing the meter) and thereafter Rs. 8/- per Kilometer for every additional Kilometer
Night Charges
25% of the fare (11:00 PM to 5:00 AM)
Waiting Charges
Rs 30/- per hour or part thereof (Subject to a minimum of 15 minutes stay)
Luggage
Rs. 7.50/- shall be charged as extra luggage charges whereas the driver/ operator shall not charge and money for a shopping bag or a small suitcase

http://www.delhitourism.gov.in/delhitourism/transport/autos.jsp

1、オートリキシャ乗る前に"Use meter!"を連呼する。

f:id:tptp3340:20180722180629j:plain
オートリキシャに、メーターがあります。
メーターベースに運賃が決まります。

オートリキシャ乗車前に”Use meter!", "Use meter!"を連呼しましょう。
メーターを使用する様子が見られない場合、違うオートリキシャを利用しましょう。

2、乗車前に運賃を提示してくる、ドライバーには半値を提示する。

乗車前に金額を提示してくる、オートリキシャドライバーがいます。
相場運賃より高い金額が、ほとんどです。

相場が分からない時は、半値を提示します。
数人のオートリキシャドライバーと交渉すると、相場を把握する事が可能です。

3、細かいお金を持ってること。

細かいお金を持ち、オートリキシャドライバーとの交渉に挑みましょう。

大きい金額は、オートリキシャドライバーは受け取りません。

細かいお金が場合、両替するのに移動します。
移動費を追加で請求される可能性が高いです。

時々、リキシャドライバーが諦めて、安値でOKします(笑)

4、強気な態度でオートリキシャの交渉に挑む。

オートリキシャのドライバーはとにかく必死です。
英語が喋れないからと言って、弱気な態度になるの厳禁です。
強気な態度で挑みましょう。

※どんだけムカついても、暴力は厳禁ですよ。

5、最終手段、巻き込む。

乗車前、乗車後で言い値を変更され
法外な値段を請求される事もあるかもしれません。

例えば、乗車前は15ルピーでOK。
乗車後、15ドルと言った。というケースがネットに書かれています。

そういう状況時は、周りにいるインド人を巻き込みましょう。
品の良いインド人

倫理感のあるインド人が多いです、必ず助けてくれますよ。

有ること無いこと言われる可能性がありますので
周りの人を巻き込むときは、正確に状況を周りの人に伝えましょう。
コミュニケーションが取れない場合は、Google翻訳を使うのがベストでしょう。

6、Uber、Olaでオートリキシャを手配

ここ数カ月の間で、Uber、Olaでオートリキシャを手配出来るようになりました。
料金は、乗車前に決まっているので、ぼったくられる事がありません。
この方法が一番オススメですね。

まとめる

f:id:tptp3340:20180623214551j:plain
オートリキシャドライバーは、必死です。
毎回交渉は大変ですが、インド旅の醍醐味です。
イライラせずに、交渉を楽しみましょう。


インドランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ インド旅行へ
にほんブログ村